はじまり

HOME > こども園概要 > はじまり

はじまり

2014年度より「認定こども園葛飾みどり」として再出発をした葛飾みどり幼稚園。当園に様々な変化が起きましたが、中でもこのこども園設立が一番大きな変化になるでしょう。

幼稚園と保育園はもともとの「はじまり」が異なります。幼稚園は学校として、保育園は預かる場所としてそれぞれ始まりました。幼稚園・保育園それぞれの文化が生まれ、日本の幼児教育研究が発展していく中で次第に子どもたちにとってより良い形態の施設を模索し始めました。その中の一つとして保育園と幼稚園が一緒に運営できたなら、それが子どもたちにとって良い形の一つだという見解が出てきました。実はこの意見は最近出てきた提案ではなく日本の幼児教育研究が始まってから早い時期には、すでに考えられていました。そして今日、人々のライフスタイルの変化により、だんだんと幼稚園・保育園の一体化への流れが加速してきました。

葛飾みどり幼稚園は「子どもが育つ場としての幼稚園」として3,4,5歳児を中心に保育をしてきました。3,4,5歳児を保育する中で次第に乳児との関わることが、より良い幼児教育にとって必要なのではないかと感じ始めました。 0,1,2歳児と関わり、生活を共にしていくことで、3,4,5歳児への理解がより深まるのではないだろうか。また、3,4,5歳児についての知識が0,1,2歳児を保育する際の見通しにつながるのではないかと考えこども園の設立を決定いたしました。